ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月19日~ヤンゴンにて・・・。

013_2014012716500795b.jpg
 ヤンゴン川をフェリーで対岸に渡る時の船の中でお菓子やたばこを売る少年に会いました。たぶん小学生です。学校に行かないで商売していることはいいとは思いませんが、自分が家計を支えているという自信がみなぎっています。

 彼らは自分がお菓子やおもちゃがほしいからという理由で仕事をしてはいないと思います。貧しい家計を少しでも助けるために働いているのだと思います。素晴らしい笑顔に負けてガムを一つと言うと、おつりがないから二つ買ってくれと言われました。こんなところにも生きる知恵が生まれています。当然2つ買いました。

 日本とミャンマーGDPが極端に違う国家ですが子供の笑顔はミャンマーの方が勝っているように思います。

 後数年すると橋がかかり、この渡し船もなくなってしまうと思います。今見て、記憶にとどめておこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/27(月) 16:57:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月19日~24日ミャンマーにて医師NiNi先生と2ショット

2014年ヤンゴン・バンコク 032 (2)
 写真はミャンマーの貧困世帯の小学校を支援するマレーシア在住の医師NiNi先生です。今年はこの小学校の6人の先生の内1人分をNiNi先生が負担し、もう1人分を私が負担しています。

 ヤンゴン歯科大学学長のThein Kyu先生が夕食に招待してくれたので、NiNi先生と話していました。支援先の小学校では中学校間で進学できないので、何とか中学校を作りたいとおっしゃっていました。中学校の建設費用は160万円です。

 孤児院の問題もあり、全てを支援すつことはできませんが、どこか1校に絞って支援しその輪が広がっていけばいいと思います。
  1. 2014/01/27(月) 15:58:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

1月19日~24日までミャンマーに行ってきました。

01.jpg
 ここはヤンゴンの中心部から車で5分ヤンゴン川の船着き場から渡し船で10分、対岸の島に渡ったところから自転車タクシーで数分行ったところです。時間にして中心地から1時間も経っていません。

 この村でも飢えていると言うことはありませんが子供が病気になっても病院に行けるほどのお金はありません。小学校も仕事を手伝わないといけないので、中退が多く中学校教育を受けられるのは10%程度です。せめて小学校は出してあげたいと思います。

 食事は自給自足に近いものがありほとんどお金を使わない生活になっています。それは悪いことだと思いませんが、教育を受けられないと国が発展してもできる仕事は限られます。

 ここで使われている飲み水も雨水を池にためたものでとても危険だと思いました。お湯を沸かせばいいのですが、薪にもお金がかかるので煮沸もできないと思います。

 今孤児院がどういった状況になっているのかミャンマー人医師NiNi先生にメールで知らせてもらうことになっています。また日本人でミャンマーで仕事をしているビジネスマンにも依頼し多面的に情報を集めようと思います。 

 
  1. 2014/01/25(土) 17:22:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1月19日~ヤンゴンで小学校の支援活動とヤンゴン歯科大学機材搬入の打ち合わせに行ってきます。

057_201401171153375f9.jpg

 写真は8月バガンの寺院を訪ねた時に撮った写真です。顔に塗っているのはタナカです。タナカの木を水につけてすって使います。

 この日は昼間でした。小学6年生くらいだったと思います。絵ハガキなどのお土産を売っていました。歯科医師のTunTun先生に聞いてもらったところ2人とも小学校を中退していました。

 私は格差社会は教育格差社会から来ていると思っています。教育を受けなければ一生ほとんど貧乏から抜け出すことはできません。

 今回は医師のNiNi先生から貧しい家庭の子弟が通う小学校の教員1人分の給料が足りないから支援してくれないかという要請がありました。月給50ドル、年間600ドルです。

 24日小学校を見学し、このお金で子供たちが教育をきちんと受けられるのならお金を置いてこようと思います。今回は私の友人が所属するロータリークラブの支援物資も持っていく予定です。

 どこの世界でも子供たちが平等に教育を受けられるようにすべきだと思います。少なくともスタートラインは合わせてあげたいと思います。

 孤児も数千万人いると言われています。全てを何とかすることはできませんが1人でも多くの子供たちが教育を受けられる環境を作りたいと思います。
 
  1. 2014/01/17(金) 11:47:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

私の投資の原則

 最近詐欺事件も多くなりました。立ち直れないくらいの損を出したり、詐欺に引っ掛からないための私なりの基準を書いてみたいと思います。
1.新聞、ネットで市場価格をいつでも確認できること。
2.いつでも換金できること。
3.マンションや車のローンが残っている状態で投資しないこと。

 以上3つだけです。これでひどい目にあったことはありません。

 不動産、マンションは自宅以外には持っていません。また20年前に買ったマンションの借金はありません。

 ワンルームマンション投資の電話がかかってきますが、市場価格が確認できないことや換金性が悪いので一切しません。

 車も持っていないので車のローンもありません。さらに言えば診療室の借金、ローンもありません。

 何かほしいものがある時にはお金を貯めてから買うようにしています。

 高額な配当につられて投資をするようなことはしてはいけないと思います。
  1. 2014/01/14(火) 10:53:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1月10日第19回東京ヘルスケア研究会に行ってきました。

14 1 10葉さん

1月10日第19回東京ヘルスケア研究会に行ってきました。テーマは
1「中国の患者から見た「医療、医者、医院」
2「中国の医療事情とヘルスケア事情」中国の社会保障制度です。

【講 師】葉 健栄先生 (株)国際マーケティングサービス(IMS) 代表取締役
     柴田 拓己先生 厚生労働省 職業能力開発局総務課課長補佐

 中国の医師患者の関係や、医療事情が良くわかる講演でした。葉 健栄先生はご自分の体験に基づいた医療事情や中国でのニュースを解説してくれました。柴田先生は平成22年~25年まで在中国日本大使館に 一等書記官として出向した時の中国での医療事情を解説してくれました。両先生共気さくな方で懇親会の時に私の質問に丁寧に答えてくれました。

 思ったより中国の医療事情はよくなっていると感じました。また社会保障制度も充実しつつあります。徐々にですがセーフティーネットが機能する社会に近づいているのではないかと思いました。

 中国人の医師の先生方や中国の実業家とも懇親会の時にお話しさせていただきました。民間人として中国の方に接しているとみんな仲良く忌憚のない意見を言い合うのに、国家同士になると途端に意見が対立する仲の悪い関係にどうしてなるのか不思議です。

 国家に惑わされず民間人はできることは協力して行っていけばいいように思います。

  1. 2014/01/11(土) 12:56:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月30日競輪グランプリに行ってきました。

tomopi-.jpg
 12月30日長塚智弘さんが競輪グランプリに出場するので立川競輪場に応援に行ってきました。優勝すれば1億円、日本スポーツで最高金額の賞金です。

 この日長塚さんは自転車の車輪1つ分足らず1億円は逃しましたが3位に入りました。見事なレースでした。レース後ティアーモ425で食事しました。

 若い競輪選手も3名一緒に来ていて楽しいひと時を過ごすことができました。長塚さんは頭の切れる男で、スポーツのみならず、実業家としても成功しています。
  1. 2014/01/06(月) 09:38:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。