ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月24日、医師 名知仁子先生の講演を聞いてきました。

003.jpg
 5月24日「NPO法人ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)」代表名知仁子先生の講演を聞いてきました。菜園と医療の自立循環型支援がなぜ必要か医療だけではなぜだめなのかを解説してくださいました。

 国境なき医師団としてミャンマー人難民キャンプでの診察、聴診器一本で患者と向き合うしかなかった環境で、患者の身体の声に耳を傾け、的確な診断をくだす医療の原点をもったミャンマー人医療者との出会いなど話題は尽きません。

 ご本人の2度にわたる長期入院、乳がんを克服しての医療活動です。人生をどうとらえどう考えるかを医療を通してたんたんと話されていました。

 NPO法人ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会http://heartfull-community.jimdo.com/ホームページぜひご覧ください。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/25(土) 09:19:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月19日最首悟先生の講演を聞いてきました。

最首
 5月19日スペースNANAにて最首悟先生の講演を聞いてきました。元全共闘活動家とは思えない温和な先生です。講演内容は『いのちとは』でした。私にとっては難解な講演でした。紹介された本の20パーセントしか私が読んでなかったために内容がつかめませんでした。不勉強を実感させられた1日でした。

 講演後居酒屋で1時間以上分からなかったところや、どうして東大では助手から先へは上がらずに27年物長い間助手を務めたまま終わったか質問させていただきました。

 先生は今でも駿台予備校で医学部受験の学生のための論文の講師をなさっています。何にでも、どんな人生でも送れたであろう先生は時代や権力には迎合せず生き生きとしています。

 大切なものは出世や社会的地位でもないと言う生き方は迫力があります。今、最首悟著『「痞」という病からの』を読んでいます。
  1. 2013/05/20(月) 10:07:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橋下さんは政治家には向かない・・・。

 橋下大阪市長の慰安婦問題をめぐる発言が波紋を広げている。私は政治家としての橋下氏支持ではないが、今回は擁護派である。

 当時の日本は帝国主義国家だったのだ。その時代に敵地で強姦や略奪を防ぐためにも慰安婦制度が必要だったと言っているのだと思う。この発言のどこがおかしいのだろうか?責任は日本だけではない、当時の世界中の帝国主義国家全てが同じだったと思う。どの国家も覇権国家を目指した時代なのだ。

 アメリカ軍に風俗業の活用を勧めたのは日本人女性を強姦するアメリカ軍人が後を絶たないからで、アメリカ軍の規律がきちんと守られていれば橋下さんのこの発言はなかったように思う。米兵は小学生の子供まで拉致し強姦したのだ。そんなことをするぐらいなら風俗に行けと言うのが本筋ではないだろうか?<<<1995年(平成7年)9月4日午後8時ごろ、沖縄のキャンプ・ハンセンに駐留するアメリカ海軍軍人でいずれも黒人のA(22)、アメリカ海兵隊員B(21)、C (20)の3名が基地内で借りたレンタカーで、沖縄本島北部の商店街で買い物をしていた12歳の女子小学生を拉致した。小学生は粘着テープで顔を覆われ、手足を縛られた上で車に押し込まれた。その後近くの海岸に連れて行かれた小学生は強姦され、負傷した。>>>ウイキペディアより引用。

 いずれにしても政治家になると言うことは、本当のことを言ってはいけない職業であり、建前論で生きていくと言うことだ。と私は思っている。

 以上のことを橋下さんが言ったら更に集中砲火を浴びるだろう。本当はこう反論したかったと思う。マスコミも以上のように橋下さんを擁護した発言は一切聞かれなかった。マスコミも本当のことが言えない職業なんだろうか?気骨あるジャーナリストはいないのだろうか?

 今回は本当にお気の毒である。橋下さんは正直でまともな人なんだと思う、しかし政治家には向かない。政治家を続けるのなら、これに懲りて本当のことを言わないことだ。
  1. 2013/05/17(金) 15:58:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月12日ミャンマーからTunTun先生が見学にいらっしゃいました。

001_20130514145848.jpg
 5月12日ミャンマーからTunTun先生他2名の女性歯科医師が見学にやってきました。2人の女性歯科医師は当時歯学部60人の定員のうちの20パーセント12人のうちの2人です。

 人口6000万人の国家で当時一学年60名大学1校ですからかなり難しい試験だと思います。日本では一学年2500名位でしたから人口比率からしても日本の20分の一です。超エリートだと思います。

 この日は口腔外科指導医のインプラントオペを見ていただき、昼は近くのレストランで食事しました。TenTen先生今年はバガンのお寺に寄付をしに行くとのことでしたので一緒に行ってみようと思っています。

 

 
  1. 2013/05/14(火) 14:59:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月2日~5日盛岡に行ってきました。

 
 008.jpg
 岩手県盛岡市、盛岡地方裁判所にある石割桜(いしわりざくら)を見てきました。

 巨大な岩の割れ目から育った推定樹齢350~400年のあわいピンク色の桜です。

 長い年月をかけて大きな石を割っていく自然の力はみる人に活力を与えます。これは人の努力にも似ています。
  1. 2013/05/08(水) 12:28:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月20日~26日ミャンマーにて

006.jpg
 ミャンマーのマーケットです。電気も来ていない場所もあり冷蔵庫はありません。その日に取れたものが店先に並び新鮮です。

 こういったのどかな風景も後10年もするとすっかりなくなってしまうと思います。今のうちにしっかり目に焼き付けておこうと思います。

 停電はしょっちゅうですが、時間を守り、おつりもごまかさない、アジアの国の中では国民性は1,2を争うほど良いと思います。地理的条件もよく港も整備されつつあり、今後の発展はアジアの中でも突出すると私は思います。

 
  1. 2013/05/02(木) 11:29:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月20日~26日ミャンマーにて

012.jpg
 Sakura Towerにある歯科医院を見学させていただきました。国民皆保険になっていないミャンマーでは歯科治療はぜいたく品です。インプラント治療1本が25万円と高額です。国民所得がアジアでも低いこの国では一般人は歯科治療を受けることができません。

 Tun Tun Thwe先生は今月国際学会で日本にいらっしゃいます。いらした際には電話をくれることになっています。ここの技工士も留学準備のために日本語を勉強中でした。
  1. 2013/05/02(木) 11:22:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月20日~24日ミャンマーに行っていました。

 iwasaki.jpg
 NPO法人アジア母子福祉協会理事の岩崎亨先生を訪ねました。写真は奥様の岩崎ひと美先生が経営しているKhayay幼稚園です。この幼稚園は5ヶ国語で教育がなされ、将来のミャンマーと日本の架け橋になるような人材育成を目指しています。
 
 岩崎ひと美先生は熱意のある教育者で今後は小学校を設置していこうと言うお考えです。せっかくのいい教育も幼稚園の時だけでは失われてしまうとのことでした。園児の父母からも学校建設の要望が大きいようです。

 芝生も雨が降ったらすぐに水が履ける設計になっていて、建築基準も日本の基準で建てられていて園児が安心して過ごせるようになっています。
 
  1. 2013/05/02(木) 11:15:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。