ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2月23日立花 久稔先生の出版記念パーティーに行ってきました。

tahcibana.jpg
 20年来の友人立花久稔先生が本を出しました。<立花 久稔著『CD-ROMでそのまま使える英文メール5000』>
その出版記念パーティーに行ってきました。本もいただいてきましたので、必要な方は当院でご覧下さい。

 場所は自然菜食レストラン・カフェモルティー<荒川区町屋8-4-8-10 TEL: 03-6802-6048/ 03-3819-1145>でした。マクロビオティク食ですが唐揚げは鳥の空揚げと全く変わりません。こういった料理を食べていれば病気にはならないと思います。ぜひ一度行ってみてください。

 立花先生は商社に勤めていましたが、55歳、昨年で会社を早期退職し、神田外語大学で英語の先生や人材育成の仕事をしています。やりたいことをやるには会社に縛られることなく時間を自由に使えるようにならなければなりません。

 現在自由人としての生活を満喫している立花先生の顔は明るく輝いています。収入は3分の1に減ったとおっしゃっていましたが本当に楽しそうです。私も52歳になり、残り時間も少なくなってきました。立花先生のように楽しく時間を使えるようになりたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/25(月) 11:24:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2月17日『仮面の人・森鴎外』の著者林尚孝先生の講演を聞いてきました。

 hayashi.jpg
 林先生は大連生まれの80歳、この本『仮面の人・森鴎外』は2001年から10年以上もかけて準備された力作です。それゆえ森鴎外の真実に迫るものだと思います。

 林先生は、エリーゼは森鴎外を追って来たのは金銭目的であるという説、さらに「路頭の花説」に真っ向から反論します。

 森鴎外が生きていたら良く言ってくれたと称賛したかもしれません。伝記と言うものは本人に迫るものではないと言うことがわかります。

 当時の鴎外の1年の留学費用が1000円だったといいます。その時の渡航費が片道800円ですから到底お金目当てとは考えにくいと思います。また海外旅行ができるほどですから「路頭の花説」と言うのも考えずらいと思います。

 先生のお部屋はきちんと整理されすっきりまとまっています。トイレは書斎も兼ねてあり本がたくさん並んでいます。

 私もこんな風に年をとれたらと思いました。
  1. 2013/02/18(月) 09:35:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月15日『仮面の人・森鴎外』読了

鴎外
 理系の科学者林尚孝先生の書いた森鴎外の3日間の謎に迫る名著。林先生はこの本を書くために膨大な資料を読みこんだと思われます。

 エリーゼに対する新設が多々出てきます。エリーゼは従来言われているようなお金目当ての来日ではないことがうかがえます。林先生の真実を見る目は鴎外の心の中にまで迫る勢いです。

 明日お会いしていくつか質問させていただこうと思っています。どうして科学者が鴎外の本を書こうと思ったかは本書で一部紹介されていますが、それだけではないような気がします。
  1. 2013/02/16(土) 09:35:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月8日江副浩正氏が亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

江副
 私は生前の江副氏に一どだけお会いしたことがあります。江副浩正著『カモメが飛んだ日』を買おうと思って本屋に行ったら絶版になていたので古本屋で買いました。私は江副氏に「本は絶版になっていて古本屋で買いました」と言うと。「今度持ってきます」とおっしゃって下さいました。このときは江副氏の大学生のころの出来事を質問させていただきました。

 『リクルート事件・江副浩正の真実』では検察の激しい取り調べの様子が描かれています。この本もいい本ですので是非読んでみて下さい。この事件さえなければ江副氏がどれだけ多くの仕事ができたかと思うととても残念です。日本の一時代を築いた寵児は風のように去っていきました。御冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2013/02/09(土) 10:55:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1月末日乳がんになったと言う患者さんから電話連絡が入りました。

515GN962N9L__AA160_.jpg

 乳がんになったと言う患者さんから電話連絡が入りました。20歳代から当院に通われ、もう20年以上になります。

 一度いらしていただきお話を伺いました。その時にジェイン・プラント著『乳がんと牛乳』とアンドルー ワイル著『ナチュラル・メディスン』・CDブックと『癒す心、治る力』をとりあえずお渡ししました。

 がんを宣告された場合はショックでパニックになり、なかなか本は読めないのが実情だと思います。その点CDならなんとか聞いてもらえます。今回本はお姉さまに読んでもらうことにしました。

 もう少し落ち着いたらもう数冊本をお渡ししようと思います。歯科が一般医科と違うところは基本的に健常者を診るところにあります。病気が治れば縁が切れてしまう医科と違い歯科は長期にわたって個体を観察することができます。

 したがって、患者さんの健康のアドバイスや、がんになった時にどういった本を読んだらいいかなどの相談に乗ることもできます。また他科への紹介も仕事の一つです。
  1. 2013/02/02(土) 12:45:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。