ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月28日佐藤真海さんが来院されました。

satou.jpg
 9年前に骨肉腫を患い、義足で歩くこともままならないしかし義肢装具士臼井さんに出会ってから走ることができるようになり2度のパラリンピックに出場し、さらにロンドンパラリンピックを目指しています。

 写真は『STAND UP』の雑誌の記事です。この本は若年性がん患者のための情報マガジンです。この雑誌にはAKB48の増田有華さんが2才の時にがんになった記事が出ています。『STAND UP』是非読んでください。 
スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 16:04:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月24日吉村昭著『ポーツマスの旗』再読

ポーツマス
 私が中学生の時に、社会の教科書に小村寿太郎の名前が出てきた事を覚えています。

 教科書には<日清戦争に勝利したが、全権大使小村寿太郎がポーツマス条約で日本が賠償金を得ることができなかったことから、苦しい生活にたえてきた国民は、これをふまんとして、東京では、民衆と警察が衝突し、警察などへの焼き打ち事件がおこった。>と言った記載があったと記憶しています。私には小村は無能な外交官との印象があったと記憶しています。

 しかし現実は全く逆で、物資の面で日本がこれ以上ロシアとの戦争継続ができない中、小村は結果が分かっていて、誰もが行きたくないポーツマス講和会議に臨みます。アメリカへのロビー活動やルーズベルト大統領への働き掛け、諜報活動、暗号文章を駆使し、日本を欧米の列強国から守っていきます。条約締結後は暴徒化した国民によって小村は家族と別居、国民との情報量の違いが生んだ悲劇、それだけに中学生、高校生に読んでもらいたい作品です。
 
  1. 2011/09/25(日) 16:06:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月20日東京理科大学2年生の大久保江里子さんが来院されました。

 ookubo.jpg

 東京理科大学理工学部情報科学科2年生の大久保江里子さんが来院されました。14歳から通ってきてそれからは歯を削っていません。口の中はとてもきれいです。

 理系の女性は少ないと思いますが、これからは女性にも理系で活躍してほしいと思います。奨学金を取りながらの学生生活ですが、努力家で今後の期待の星です。 
  1. 2011/09/20(火) 17:02:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月16日、慶應大学理工学部科学科、土田和也さんが定期健診で来院されました。

慶應
 9月16日、慶應大学理工学部科学科、土田和也さんが定期健診で来院されました。今大学3年生の二十歳ですが7歳の時から来院され、歯を一本も削っていません。口腔内はとてもきれいに保たれています。

 将来は企業で研究職に就くと思います。日本は資源が無い国家です。資源を輸入し、製品を作って付加価値を付けて輸出しなければやってはいけません。日本は土田さんのような若い研究者を必要としています。

 
  1. 2011/09/16(金) 16:33:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月10日鉢呂吉雄経済産業相辞任で思う事。

 鉢呂吉雄経済産業相が辞任に追い込まれた。福島視察後に記者団に「放射能をつけちゃうぞ」などと語ったことの責任をとった形だがこれはオフレコでの発言である。

 オフレコとは記録を採らない、外には出さないと言うのが原則だが、今回も守られなかった。日本の問題はマスコミ、日本の記者が秘密を守れなくなった事の方が重大だと私は思う。

 政治家も気をつけることだ、今後はますます本当の事を言う政治家はいなくなるだろう。人間味のない、表面上の差しさわりのない事しか決して話さないだろう。

 政治家が、仕事ができるかできないかを報道するのなら分かるが、オフレコのしかも上げ足を取る形での辞任劇。政治家はマスコミに対し人間としての付き合いは無理だと思う。

 
  1. 2011/09/12(月) 12:51:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月8日内藤デンタルオフィス、内藤 正裕先生の診療室を見学させていただきました。

内藤先生
 
 昨日草の根歯科研究会で内藤先生の診療室に行ってきました。6時から1時間の予定でしたが、内藤先生が10月に講演する内容について、2時間半もお話ししてくださいました。

 診療室は広尾駅から徒歩5分ほどのところにあります。マンションの2階で看板は全くありません。ホームページすらなく、患者さんが飛び込みで来院する事はありません。

 数少ない、自費100パーセントの歯科医師は皆様、哲学を持っています。保健診療のようにあいまいで、甘いところはありません。すべて真剣勝負です。看板もホームページすらありませんので、患者の口コミ以外での患者獲得はありません。

 内藤先生の診療は先生同様深い哲学があります。歯科の治療が技術面だけでなく、内在したものにさえ深く思想を刻み込みます。いずれにしましても妥協を許さない厳しさを感じました。
 
 
  1. 2011/09/09(金) 12:00:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月6日早稲田大学スポーツ科学部、岩崎優さんが来院されました。

患者様
 岩崎優さんが来院されました。7歳の時から来院され、今までにほとんど歯を削っていません。今回も親不知のチェックとクリーニングです。口の中はとてもきれいです。

 将来は学校の教員を目指しています。将来の子どもたちへの教育は日本の未来へとつながっていきます。教師は日本の国力を左右する大切な仕事だと思います。
  1. 2011/09/07(水) 10:12:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月4日、獄中からの手紙が届きました。

 獄中にいる田中森一先生から手紙が届きました。田中森一著『反転―闇社会の守護神と呼ばれて』 『塀のウチでもソトでも しゃあない男ら』はぜひ読んでみてください。

 手紙の内容は御本人の承諾を得ていないので公開することはできませんが、私は田中先生の お話しは聞いてみたいと思います。出所後は応援したいと思います。

 出生から苦労して大学法学部へ、司法試験合格後は特捜検事となり弁護士事務所開設、逮捕に至る経過。真の実力者、田中森一先生の半生は読む者を圧倒します。
  1. 2011/09/05(月) 15:26:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月4日2008年北京パラリンピック走り幅跳び6位佐藤真海さんが来院されました。

satousann.jpg
 右が佐藤真海さん、左がSBSラジオ、静岡放送キャスタードライバー 杉本佳代さんhttp://www.at-s.com/blogs/casdora/015/です。佐藤さんは口腔ケアで来院されました。お口の中はスポーツマンらしくとてもきれいです。

 佐藤さんの著書『夢を跳ぶ―パラリンピック・アスリートの挑戦』(岩波ジュニア新書)は杉本さんの中学校の課題図書にもなっています。良い本ですから一度読んでみてください。
  1. 2011/09/05(月) 10:51:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。