ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月26日、日曜日インプラント手術を行いました。

 12月26日、日曜日インプラント手術を行いました。この日は慶應大学河奈先生にインプラント手術を3ケースしていただきました。午前中で終わり、午後は通常診療をしました。

 当日河北先生、飯田先生、二村先生の3人がお手伝いしてくれました。とても助かりました。夜は自由が丘のミセスハンのお店で食事して帰りました。ここはおいしいのでお勧めです。

 今日は化粧品メーカーの作った歯磨き粉、マウスリンスを診療室で見せていただく予定です。発売前ですので詳細は商品発売後お知らせいたします。

 診療室は今年もあと3日で終わりです。皆様には大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。また来年も元気でいられます事をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト
  1. 2010/12/27(月) 10:28:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月発売のjane(ジェーン)に堀内瑞穂さんが出ています。

ジェーン
 今月発売のjane(ジェーン)に当院の患者様堀内瑞穂さん(名まえを載せる事は本人に了解を取っています。)が出ています。2007年アメリカにわたり、自分の夢を実現しました。堀内さんのホームページは、http://yogashakti.jp/profileです。

 今度立ち上げる代替医療の高齢者支援、ハイネスメディカルサポートのメンバーにもなってもらっています。今後のますますの御活躍をお祈りしています。
  1. 2010/12/24(金) 11:29:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月23日、青山イメージフォーラムで映画『ハーブ&ドロシー』を見てきました。

 郵便局員のハーブと、図書館司書のドロシーの趣味は現代アートのコレクション。選ぶ基準はふたつ。小さなアパートに入る事、少ないサラリーの中から買えること。つつましい生活の中買い集めた現代アートは数億円の価値になった。

 彼らは集めた作品は決して売らなかった。好きなアートと暮らしたかったからだ。彼らのすごいところは当時売れていない芸術家が作品をつくる過程にも興味を持ったところだ。

 売れない時から、自分の好きな作品を買い求めたため、今でも有名になった芸術家から電話が入る。また彼らには安い金額で自分のアートを売ってくれるという。芸術家たちのの人生そのものを見てきたからだろう。

 ある時美術館から寄贈の依頼が来るが・・・、この後はぜひ見ていただきたいと思います。スカッとする映像に仕上がっています。
  1. 2010/12/23(木) 22:28:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診療室にレコードプレーヤーがやってきました。その2

 レコードプレーヤーをいただいた、解体業のHさんは教養があり、面白いので飲みに誘いました。Hさんは武蔵新城の焼鳥「遠州」が定番ということでここで飲むことにしました。焼き鳥10本頼むと一品サービスしてくれるということでこれを手際良く頼んでくれました。

 Hさんは知識が豊富なので、どうやっているのかと思ったら、本が好きでをかなり読んでいるということでした。大学は中退したとのことでした。よくよく聞いてみると早稲田大学で、なるほどと思いました。解体屋とどうしても結びつかなかった理由がそこにありました。

 教養と職業とは一般的には比例すると思いますが、こういったミスマッチ的な発見は私の一つの趣味と言った方がいいいいかもしれません。何か面白い宝物を発見したような面白さがあります。Hさんの高校の1年後輩には小室哲也さんがいて気軽に歌ってくれたそうです。

 職業は何であれ、毎日が楽しく健康なら素晴らしい人生だと思います。Hさんのように本を読み込み、教養にあふれていればそういった人たちが自然に集まってきます。昔の哲学者はこう言ったタイプだったのではないでしょうか?ディオゲネスも樽に住んで思索したと言われています。
  1. 2010/12/19(日) 09:21:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡単に生活保護に落ちてしまう日本の現状

 先日私の患者さんが「生活保護になってしまいました。」と駆け込んできました。この方は本当にごく普通の50代の主婦です。歯科治療希望でしたが、当院は指定にはなっていないので、歯科医院を紹介しました。更年期障害で婦人科にも通っているとのことでしたが、精神的にも不安定でした。

 この日はお話を伺い、心療内科への受診が必要だと思いましたが、婦人科で精神的なフォローをしてくれる、近くの総合病院をインターネットで探し、紹介状を書いてお渡ししました。後日病院から経過が送られてきましたが、私が思っていたのと同じ診断でした。

 数日たってこの方がお見えになり、田舎から送ってもらったという、お蕎麦とリンゴジュースをいただきました。顔色も良くなり落ち着きを取り戻したようでした。こういったことがきちんとできる方が、生活保護に簡単に落ちてしまう現状が今の日本にはあります。

 一向に進まない消費税議論ですが、たとえ消費税が北欧諸国のように25%であっても、安心して住める国がいいと思うのは私だけでしょうか?この方も生活保護取得にあたりさんざん「働けるでしょう」と嫌みを言われたそうです。セーフティーネットは機能していません。

 歯科医師は、病気の治療が終わってしまえば患者とはそれっきりになってしまう他科の医師とは違い、長期にわたり患者さんを診ていくことになります。今回の場合でも怠け者なのか、まっとうな人なのかもよくわかっています。そのため適切な対応ができるのではないかと思います。

 歯科医師過剰時代で、大学では定員割れも起こっていますが、こう考えれば歯科医師の職域は広く、歯科医師が臨床心理学、精神医学を学ぶ意義は大きいと思います。仕事としては個体を長期にフォローできるという意味では歯科は面白い仕事だと言えます。 

 

 
  1. 2010/12/19(日) 08:31:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月18日中原柔道館忘年会に行ってきました。

 私は小学校6年から柔道を始め、大学卒業後は中原柔道管にお世話になり、指導員をさせていただきました。毎年道場で仲間と集まっての忘年会になります。煮込みは近くのけんもつ屋という焼き鳥屋から買ってきて鍋で温めて出してくれます。とても懐かしい味がします。

 道場は私が入門した時から変わっていません。道場の修理の後を見ると、稽古中に壁に穴をあけたのを思い出します。ここは私が入門した25年前と変わらず、古巣に帰ってきた安心感を感じます。館長の及川悦博先生は60を超えてもなお後進の指導に当たっています。

 この日も稽古後、小学生を前にお話をなさっていました。小学生にもきちんと対面し、襟を正し、柔道の心構え、武士道の精神をを訥々とお話ししていました。町道場が消えていく中、日本の未来を担う若者を育てるために、日々努力なさっています。及川先生は私が尊敬する素晴らしい指導者です。

 以下住所と連絡先です。
『及川接骨院 神奈川県川崎市中原区小杉町1-525 1階及川接骨院 2階中原柔道館』



 
  1. 2010/12/19(日) 08:08:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診療室にレコードプレーヤーがやってきました。

 レコードをかけようとプレーヤーを探していたところ、私の患者さんで解体業のHさんが解体のときに拾ってきたDJ用のプレーヤーをくれました。このプレーヤーと古いレコードもたくさんいただきました。

 家からアンプとスピーカーを持ち込み、かけてみると良い音がします。内袋と外袋を通販で買い、中と外をきれいにし、きちんと並べました。診療室のサロンにおいてありますのでいらしたときにぜひご覧ください。

 Hさんは本当に人生を楽しんでいます。毎日宝探し、適度に運動になり、仕事が面白くて仕方ないと言います。いつもにこにこして診療室にやってきます。離婚していますが子供は成人し、一人暮らしを楽しんでいます。

 私は縁あって、日本のトップで活躍している実業家や政治家、ジャーナリスト、大学教授と話す機会があります。その中には意外と幸福でない人も多いのです。しかしHさんのような生き方をしている人を見ると、幸せとは何かと言う事を考えさせられます。

 私はどちらかと言うと、Hさんのように生きていたいと思います。年齢は同じくらいですが人生の師匠と言ったところでしょうか、レコードはCDと違い、雑音が入ったり、針が飛んだりしますが、それが味になっています。

 古いものは中古品で価値がなく、汚いものと言う考え方もありますが、エージングはひとつも魅力です。古いワインは?1000年前の普通に使っていた名もない茶碗は?無名の画家の描いた絵は?これらは驚くほど高額で取引されている物もあります。

 Hさんは事業で成功したわけでもなく、学問で成功したわけではありません。さらにレコードのように傷つくこともあったでしょう。しかし人生をしっかり生きていて、私には彼の人生が光り輝いて見えるのです。


  1. 2010/12/09(木) 15:03:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。