ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月15日慶應大学法学部教授片山善博先生の講演を聞いてきました。

 7月15日日本プレスセンターにて慶應大学法学部教授片山善博先生の講演を聞いてきました。みのもんたの朝ズバッのコメンテーターとして出ていますが、この日も歯切れのいい講演となりました。

 上杉鷹山の改革を例に出し、まず政治家が自らの身を削る覚悟をしないと改革は成功しないとお話しされていました。上杉鷹山の本もお勧めです。

 能代税務署長から鳥取県知事になり、2期8年務めます。しかしその後天下りを避け、好きなことをやると言う事で慶應大学法学部教授になります。

 全般的に自由な人で何にも縛られないおおらかさがあります。政治家は何が国民のためになるかを考え行動することが大切だとお話しなさっていました。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/16(金) 12:44:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔懐かしい真空管アンプ

   0_0000画像0091
 
 7月9日、私の患者さんで阿部さん(患者様の了解を得て名まえを出しています。)と言う真空管のアンプを作っている方がいらっしゃいます。本日試作品を見せてくれました。これは宮本電子の管球アンプMT-1です。電源を入れると青白く光り幻想的です。部屋を暗くしてウィスキーでも飲みながらレコードをかけると、いい雰囲気になりそうです。

 大きさも片手に乗る位小ぶりで、価格も49800円とお手頃価格です。多分真空管式アンプと言うと40代の方しか分からないかもしれません。私は、以前レコードと言って、それって何ですか?と言われたことがあります。こういったところでジェネレーションギャップを感じる今日この頃です。

 資源のない日本は、鉄鉱石をウォークマンに変えて経済発展してきた国です。私はこういった物づくりをする技術者を応援したいと思います。多分、今の日本に欠けている事は、こういった事ではないでしょうか?日本はものづくりを通じて復活してくる気がします。
  1. 2010/07/09(金) 15:19:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

7月2日、偶然妹尾河童さんに会いました。

   0_0000画像0085
 7月2日友人に誘われて東京のお寿司屋さんに行ってきました。偶然そこの隣にいたのが妹尾河童さんでした。私は大ファンだったのでお話しさせていただきました。

 思い起こせば20年前『河童が覗いたインド』を読み、インドに行き、インドの弁当箱を買おうか買うまいかと迷ったり、像の中の像(河童が覗いたインドをお読みください)を買ってきました。

 物を見る視点が他の人と違うので大変面白いと感じるようになりました。『河童の手のうち幕の内』を読み、生き方も独特で、マネはできませんがとても興味深く読ませていただきました。
 
 まさか東京のすし屋でお会いできるとは思ってもいなかったので、大変感激しました。名刺の裏にサインは失礼かとも思いましたがいやな顔一つせず快くサインしてくださいました。

 名刺をもう一枚いただいていたので、表と裏を写真立てに入れて診療室に置いてあります。らい言うう時にはぜひご覧ください。名刺もユニークです。
  1. 2010/07/03(土) 14:18:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

6月30日芸文社の箭内様が『はつらつ元気』を持ってきてくれました。

   0_0000画像0062
 本日芸文社http://www.geibunsha.co.jp/の箭内様がお見えになりました。この日は『はつらつ元気』と言う健康について書かれた月刊誌を持ってきてくれました。

 『はつらつ元気』8月号36~39ページに私のコメントが載っています。お時間がありましたら読んでみてください。
  1. 2010/07/02(金) 11:42:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。