ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカ、ウェストバージニア州ハンティントンその2

   0_0000画像0022
 今回泊めていただいた、スペーーサー家の御主人レッジさんは79歳、マーシャル大学で就職指導のカウンセラー、奥様のジョアンさんは69歳、教員をリタイアして今も子供を教えています。二人で年金が日本円で50万円ほどになり、ゆったり暮らしています。毎週プロテスタント教会に行く敬虔なクリスチャンです。

 彼女は教育障害児の専門家です。教員の友人が多く、以前私に地元マーシャル大学のオーチズム(自閉症)センターを見学させてくれたり、高機能自閉症(サバント症候群)のグループホームを見せてくれました。また以前地元の歯学部の大学院の学生を紹介してくれ、彼のアルバイト先の診療室を見学させていただきました。

 高機能自閉症(サバント症候群)のグループホーム3人はパソコンを使い大学院に進学しそれぞれ修士、博士の学位を持っています。日本では考えられません。障がいがあっても長所を伸ばす教育は日本も見習わなければなりません。会話は絵カードが使われていました。

 この中の一人は俳優ダスディンホフマンが映画『レインマン』(自閉症の兄弟の話)に出演をするために演技を習いに来て、映画が大ヒットしたためにこのグループホームを寄付したということでした。とても清潔なグループホームです。『レインマン』ぜひご覧ください。

 先のアルバイト先の歯科医院は保険を持っていない低所得層の歯科医院でした。治療は資料費が一番安い方法をとるので、すべて抜歯、総入れ歯セットとなります。アメリカではたくさんお金を稼いだ人は最高の医療を受け、お金がない人は最低限の医療を受けることになります。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/26(金) 01:43:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

3月21日~25日まで米国ウェストバージニア州ハンティントンに行ってきました。

 3月21日~25日まで米国ウェストバージニア州ハンティントンに行ってきました。日本からシカゴに行って国内線に乗りかえ、チャールストンに行き車で1時間ほどかかります。ここで教員をリタイアしたスペンサーさん夫婦のお宅に泊めてもらいました。典型的な中流階級です。

 夏にはハミングバードが訪れ、秋の裏山には鹿がやってきます。ここでは裏山までついて500万円ほどで中クラスの家を買うことができます。高級スーパーマーケットでも商品の価格は日本の3分の2程度で年金で十分生活することができます。ここには10年ほど前から5回ほどお世話になっています。

 当日のニュースはオバマ大統領のすすめる国民皆保険制度の投票日で、米下院本会議は医療保険改革法案を219対212の僅差で可決しました。日本の報道がどうなっているのかわかりませんが私の滞在期間中テレビはこの話題一色でした。保険未加入の国民3000万人を助けるために増税が待っています。

 スペンサー家のご主人レッジさんはこの法案には大反対でした。これは社会主義者のやることでこの制度は共産主義の制度だと怒っていました。ニュースで聞いたところによると、多分アメリカ人の半数以上はこう考えているようです。現に35州で国民の半数以上が反対しています。今後訴訟に発展しそうです。

 今後はこの国民皆保険が様々な問題を起こすと考えられ、オバマ大統領はこの法案を通したことにより、良くも悪くも歴史に名を残す大統領になると思います。アメリカの国民が選択することですが国民皆保険はアメリカの建学の精神には会わない法案なのかもしれません。

 アメリカの病院の前に人が倒れていたら治療してもらえるか尋ねたところ、保険(アメリカでは民間保険)があるかと聞かれ、無いというと、お金を持っていない限りは治療はしないということでした。この辺は患者、医療者ともに自己責任ということで非常にシビアです。

                                 
  1. 2010/03/26(金) 01:07:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

草の根歯科研究会からのお知らせです。

 草の根歯科研究会からのお知らせです。キューバの医療費、教育費は無料であり、北欧の社会システムに似ているところがあります。吉田先生はキューバの医療、教育、など多数の著書があります。興味深い本がたくさんありますのでお勧めです。ぜひ読んでみてください。以下岡田先生からのメールの転送です。一般の方のご参加も歓迎いたします。当日私も出ています。お気軽に声をかけてください。        

第50回 草の根歯科 勉強会

 キューバと言えば「貧乏で不自由な国」というイメージがあるのではないでしょうか? マイケル・ムーア監督の映画『シッコ』で観ても俄かには信じられない気分で、昨夏に長野県佐久病院が開催した地域医療研究会で吉田太郎氏のご講演を聴くまでは私にも偏見がありました。乳幼児死亡率は米国以下、平均寿命は先進国並み、がん治療から心臓移植まで医療費は無料、WHOも太鼓判を押す医療大国です。
多くの方に聴いてほしい内容です。専門職の方も、そうでない方も共に学ぶ当会の企画です。ご多忙中恐縮ですが、どうぞ皆さま、ご参加くださいませ。
日時:8月22日(日) 午後1時30分から4時
講師:吉田 太郎 氏(長野県農業大学校 教授)
会場:成城ホール 集会室A
      小田急「成城学園前」駅歩3分 電話03-3282-1313 http://seijohall.jp/
参加費:1500円 会員は1000円、学生・65歳以上は500円
要申込みファックス03-5340-9282 メール(http://odh.giving.officelive.com)

  1. 2010/03/19(金) 13:01:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

3月18日森克栄先生のお宅にお邪魔しました。

   0_0000画像0012
 先月日本歯学センターにて、森克栄先生の講演を20年ぶりに拝聴しました。その後御食事を御一緒させていただき、3月18日、お宅にお招きいただきました。そして1時間半にわたり御自分の症例を解説してくださいました。1960年代の治療が今もって色あせていないのは驚きです。

 森先生は東京医科歯科大学御卒業後、1960年代に渡米され、病理学を学ぶかたわら、最新の臨床歯科医学を日本にもたらした先駆者です。科学者が歯科臨床をやっていると言ったらわかりやすいかもしれません。開業当初は自費のみで行ったため、家庭教師をして糊口をしのいだと言います。

 その後ドイツ人学校の生徒を治療したことがきっかけで、多くのドイツ人が訪れるようになり、最後にはドイツ大使が訪れるようになりました。噂を聞きつけたドイツ人の歯科医師が見学に来たこともあります。化学的な根拠に基づいた臨床には定評がありましたが、残念ながら、現在大病をされたのをきっかけに診療所は閉院されています。

 写真は森先生の書斎ですが、本棚中央は森先生の著書やお名前が出ている海外の本、教科書でいっぱいです。昨年はアメリカ各地で公演され、今年は韓国ソウル大学で公演予定です。引退後も世界各地で呼ばれる歯科医師を私は森先生を除いて知りません。

 この日は本当に貴重なお時間を私一人のために取っていただき大変感謝しています。20年前の記憶がよみがえりました。森先生の風貌は修行僧のようでもあり、今まで過ごしてきた人生が満足で輝かしいものだった事が伺えます。いつまでもお元気で過ごしていただければと思います。
  1. 2010/03/19(金) 12:18:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

3月11日、日本経済新聞社会長の杉田亮穀氏の講演を聞いてきました。

 3月11日、日本プレスセンターにて、日本経済新聞社会長の杉田亮穀氏の講演を聞いてきました。講演の内容は具体的に数字を挙げて今後の日本経済の行方についてお話ししていました。この日はいつもより多くの方がいらしていました。前には5人、テレビでおなじみの顔が並んでいます。

 日本の財政赤字はどんどん膨らんでいます。民主党もそろそろこの解決策を講じないと国債の格付けが下がってしまいます。これは日本株売りにつながり貸しはがしが起こり、不況となり日本全体が貧乏になってしまう。というお話でした。日本はできるだけ早めに対策を講ずる必要があります。

 消費税は少なくとも少しずつ上げなければならないと思います。北欧諸国は25パーセント程度ですし、アメリカも州によって違うと思いますが10パーセント程度はあったと記憶しています。若い世代にの負担を少なくするためにも消費税の議論は始めてもらいたいものです。
  1. 2010/03/13(土) 12:58:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

3月6日土曜日飯田先生と東北大学歯学部4年生の橘川君が勉強に来ました。

飯田先生、橘川君

 3月6日土曜日飯田先生(左)と東北大学歯学部4年生の橘川君(右)が勉強に来ました。橘川君は私の家に3月4日木曜日~7日の日曜日まで滞在しました。木曜日は私がお世話になっている、日本歯学センターを見学させました。自費100パーセント、多分日本で最多の署名人が集まる診療室だと思います。

 6年修了時研修医になると保険医のところに研修医として行きますので、自費専門で行っているところは一生行く機会がないかもしれません。今回は自由診療の診療を重点的に見てもらいました。夜は私の長男と3人で青山にあるドンチッチョで食事して帰ってきました。ここもお勧めレストランです。

 金曜日はイデア矯正歯科を見学させていただきました。東京医科歯科大学顎顔面矯正学講座にいらした院長の布留川創先生は教育者としても臨床医としても素晴らしい先生です。1時間半にわたり見学させていただき、コンピューターシュミレーションの矯正治療の説明を受けてきました。

 土曜日は当院で慶應大学口腔外科の河奈先生のインプラントオペを見学して帰りました。当初は自衛隊を希望していましたが、今後は国立病院や慶應大学の入局試験も視野に入れて卒後を送ることになると思います。今後は優秀な歯科医師を世の中に送り出す手助けをすることが、歯科医師の地位向上につながると思います。
  1. 2010/03/08(月) 13:18:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

2月28日、サンデープロジェクトに金沢大学医学部の打出先生が出演していました。

 2月28日、サンデープロジェクトに金沢大学医学部の打出先生が出演していました。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
打出 喜義(うちで きよし、1953年2月 - )は、金沢大学医学部産婦人科講座所属の産婦人科医師、医学博士。金沢大学医学部産婦人科講座の講師を務める。専門は生殖内分泌学、周産期医学。

 以前先生に草の根歯科研究会で講演をしていただきました。詳しいことはウィキペディアでお読みください。医療裁判の時に内部告発者としてして患者側に立ち、証言したことにより、大学でのお立場は苦しいことになっています。今はほとんど仕事も与えられず週1回程度の外来の仕事のみという映像が映し出されていました。

 講演後数人で先生とお食事させていただきました。私は講演の内容より御家族が心配だったので『先生お子様はいらっしゃいますか』とお尋ねしました。当時私と同じくらいのお子様がいらしたように記憶しています。御自分の生活を犠牲にしてまで先生は間違っていることは間違っていると証言しました。

 私が同じ立場だったら様々なことを考え、このようなことはできなかったと思います。医師としての信念、正義感は先生の育った環境にあるかもしれません。お母様が小さい時に、妹さんの出産が原因でお亡くなりになり、お母さまの記憶はなかったと言います。

 先生は講演活動をなさっていると思います。ぜひ機会がありましたら聞いてみてください。私は医事裁判よりも人間としてどう生きいるべきかを先生に教えていただいたように思います。自分の地位や名誉や収入よりも本当に大切なものを守る先生の生き方は感動的です。
  1. 2010/03/01(月) 09:58:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。