ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竹中平蔵先生の講演を聞いてきました。

 『未来をひらく日本委員会 7月セミナー』に参加しました。場所は日本プレスセンターです。演者は慶応大学教授、竹中平蔵先生です。

 政策には助けるための政策と解決策の政策の2つがあり経済を成長させる解決策の政策と人材教育が重要だとおっしゃっていました。

 講義終了後はこの講義に招待して頂いた、日本歯学センターの田北先生とスタッフ2名の4人で隣のイタリアンレストランで食事をして帰って来ました。

 歯科だけにとどまらず、こういった勉強会に歯科衛生士や受付が参加することは、リベラルアーツの構築という意味では必要なことだと私は思います。

 
スポンサーサイト
  1. 2009/07/17(金) 11:39:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

先日、ロックンローラー内田裕也さんとお話しする機会がありました。

 先日たまたま内田裕也さんとお話しする機会がありました。近くで見ると背は高く、脚は長くモデル体型です。身長は180センチくらいあるでしょうか?同年代の方としては大柄だと思います。テレビで見ると強面ですがとても優しくお話しする方です。アイビールックで決めた、若いころの写真も見せていただきました。
 
 私が25年前に見た内田裕也さん主演の「水の無いプール」「十階のモスキート」の話をすると、あれは最初に脚本した映画だよと教えてくれました。25年前ですので私も記憶がごっちゃになって『「水の無いプール」ジンジャーエールを飲むシーンが印象的でした。』と話すとそれ「十階のモスキート」だよと笑って答えてくれました。

 この2つの映画はぜひご覧ください。友情出演で今はとても有名になった俳優がたくさん出ています。また当時の時代背景がよくわかると思います。たぶんビートたけしさんも出ていたと思います。ちなみに「十階のモスキート」は崔洋一監督の監督デビュー作です。
  1. 2009/07/15(水) 15:29:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

7月15日元金融庁長官の五味廣文さんの講演を聞いてきました。

 「サブプライムローン問題という人災」についての講演でした。私のような経済音痴にも分かるように平易な言葉で話してくれました。お金を借りて住宅を買い、バブルで値上がりし、また売ってローンを組み直す。余ったお金で車を買う。どこにも生産性はありません。いつかは破たんします。

 最近、簡単に考えればおかしいと思うことが平気で通ってしまう危うさがあります。私には大学生の長男と高校生の長女がいます。2人には将来の自分の労働力まで売り払って贅沢はしてはいけないと言ってあります。遊ぶために借金はするなという意味です。

 私はお金はありませんが、借金もありません。必要なものはお金が貯まったら買う、この原則を守っていれば支払いに困ったり、無理に働いてお金を稼ぐ必要はなくなります。自分が本を読む時間、勉強する時間は残しておかなければならないと思っています。

 明日は竹中平蔵さんのお話を日本プレスセンターで聞いてくる予定です。竹中プラン…私は評価していますが批判的な報道は多いと思います。100パーセント良いという政策はありません。どこが良くてどこがいけないのか、マスコミはデータを基に、きちんと評価する必要があります。
  1. 2009/07/15(水) 12:54:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

7月2日発売の「はつらつ元気」8月号に私のコメントが掲載されました。

 以下雑誌に掲載された一部をご紹介いたします。 詳しくは「はつらつ元気」8月号を読んで頂ければと思います。

 むし歯や歯周病、これらは単独では存在せず、体の健康と常にリンクしています。歯科医師は、常に患者の全身の健康管理と患者さんの語る物語(ナラティブ)に十分注意をはらわなければならないと私は考えています。患者さんの何気ないお話の中にも、その方の生活を理解し、適切な医療を提供するのに必要な情報がたくさんあるからです。

 本当の歯科医療は、赤ちゃんから高齢者まで、ライフサイクルとともに変化する患者の状態と向き合い、ともに育っていく医療です。というのも、実は虫歯、歯周病の予防処置は、患者と一生涯の付き合いになることが多く、いわば慢性疾患のコントロールに近いと私は考えています。これは治療が終われば治癒となり終了になる外科的な医療とは大きく異なるところだと思います。

 このように、歯科医師は長期にわたって患者と向き合うことが必要です。そして心理面も含めた全身的でトータルな健康を、口腔の健康管理に力点を置きながら、管理することができる可能性があるということになります。
 
 歯周病は、早期に発見して治療を受けることが重要です。しかし、治療を受けて症状が改善すればそれで終了ではありません。その後のメインテナンスが最も重要で、それが予防のスタート地点ともといえるのです。長期的な視点で、患者のお口の健康を守り、全身の健康についても相談できる、長く付き合える歯科医院を持ちましょう。
  1. 2009/07/01(水) 15:40:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。