ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

元日本銀行総裁福井俊彦さんの講演を聞いてきました。

 本日5月20日、日本経済の将来についてお話を聞くことができました。ここでは詳しくはふれませんが、西から東へ資本主義の軸が移っているというお話をされていました。福井さんを一言で言うと経済学者のような雰囲気があります。データを基にゆっくりとお話しされます。遠くから見るとその存在感から体はとても大きく感じれらます。

 講演が終わり名刺交換させていただきました。近くで見ると私より背が低く160~170センチくらいでしょうか?「軸がアジアに移る時、将来の若者が勉強のために留学する時、どの国がいいですか?アジアはいかがですか?」と質問したところ「今のところは教育のシステムの整った欧米がいいでしょう。」と答えてくださいました。

 日本が姿形を変え、人的資本を作り、興味を持ち、根情を持つ。ふだんの勉強の知識から次のものを考える、それをやり遂げる意志を持つ。こういった人材を作ることが大切だとおっしゃっていました。海外から学生を受け入れ、有能な学生が日本で就職し、知的な切磋琢磨が行われるようになければならない。とお話ししされていたのが印象的でした。 

 
スポンサーサイト
  1. 2009/05/20(水) 12:55:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

日本歯学センターを見学させていただきました。

 日本歯学センターには,普通の歯科医院にはあるのにここには無い物がたくさんあります。医院のあるホテルニューオータニのガーデンコートに着くと看板がありません。ガードマンに止められ,やっとエレベーターに乗ると出口でまたガードマンに止められます。やっと入口までたどり着き、ここにも看板はありません。

 インターホンを押すとスタッフが笑顔で出迎えてくれます。しかし受け付けはありません。待合室もありません。基本的に患者様は待ちません。広い快適な居間が広がっているだけです。ここでゆったりくつろぐことができます。塵一つありません。ホテルより綺麗です。院長室もありません。スタッフが快適にくつろげるスタッフルームとキッチンがあるだけです。

 診療券、レジ、レセプトコンピューター、保険証がありません。支払いにカードは使えません。白衣はありません。診療台のテーブルには何もありません。これで12、ざっと見ただけでこれだけ普通の歯科医院にあるものがありません。なぜここまでないのでしょうか。これらは一体何のために必要なのでしょうか?

 待合室は待たせるから必要です。白衣は自分の服が汚れないようにするために必要です。こういったように、以上のものは歯科医院の都合で作られたものばかりです。本来の患者様へのサービスのみを考えれば当然の結果だともいえます。当然のことが行われていない現状が日本の歯科医院にはあります。

 日本で最高の診療とサービスを行う診療室。実業家のサロンとなっている診療室。ここの空気は歯科医師田北所長の人格そのものがにじみ出ています。エベレスト山に上るのであれば山を見ておかなければなりません。私にとってはあまりにも高い山ですが少しでも近づくように努力したいと思います。


  1. 2009/05/15(金) 11:59:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。