ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月28日ミヒャエラ・グレッグラー先生の講演を聞いてきました。

 本日、ミヒャエラ・グレッグラー先生の講演を聞いてきました。先生は『小児科診療室』の著者です。ドイツ人の先生はドイツ語で話されていました。翻訳はこの本の訳を担当された入間カイ先生です。演題は<シュタイナーの予防医学からのアプローチ>でした。

 先生は<すべての病気には課題がある。まちがったありかたが病気を通じて意識化される学びには二種類あり自由意思で学ぶ、痛みを伴い学ぶ>とおっしゃっていました。心身一元論の考え方です。私はどのようにして歯科医療に取り入れるかを考えていました。

 子供の発達でよく言われている50%が環境要因で50%が遺伝という考え方も否定していました。第三の要因があり一人でも理解してくれる人がいれば子供は健康に育つということでした。たとえトラウマを持っていてもです。このことは医療者が子供にどう対応しなければならないかをおしえてくれなす。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/28(月) 20:26:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KCSセンター三鷹院の佃隆(つくだたかし)先生の講演を聞いてきました。

 本日、KCSセンター三鷹院の佃隆(つくだたかし)先生の講演を聞いてきました。カイロプラクティックはアメリカでは4年制の大学になっていて、レントゲン検査も行うことができます。私もウエストバージニアでカイロプラクターの診察を受けたことがあります。その理論は決して怪しいものではありません。

 佃先生は国際基督教大学教養学部にかようかたわら、カイロプラクティックに出会い、カイロの勉強を始めます。先生自身7歳の時に野球のバットで頭を強打し、以後体のあちこちに異常を訴えます。これを治したのが今の奥様です。今では人生を豊かに楽しんでいます。

 人を治療する医療者は、どの疾患であれ人を全体で診る必要があります。たとえば糖尿病の6番目の合併症は歯周病です。糖尿病の治療なしには歯周病の完治は難しいのです。この点カイロはからだ全体のバランスから治療していきます。体の治る力を発揮するような手助けをします。

 私は代替医療にも注目しています。エビデンスベースドメディスン、つまり科学的な根拠の基づいた治療も重要ですが臨床家は、ナラティブベースドメディスンはさらに重要だと私は考えています。個人の物語にも注目しなければいけません。

http://www.kcs-center.com/centers/3301/

  1. 2008/07/13(日) 22:03:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレジデントFamilyの8月号に私のコメントが載りました。

23895c55c0[1]


 プレジデントFamilyの8月号のP112~P113に私のコメントが載りました。イラスト入りで子供たちにも虫歯のでき方がわかりやすく載っています。むし歯予防先進国フィンランドでは食後にキシリトールガムを食べさせています。

 甘味制限と歯ブラシだけでは虫歯は防げません。科学的な臨床検査と個人個人のリスクにに合わせた予防プログラムが必要です。また白樺から作られたキシリトールは、甘味を我慢せず虫歯予防ができる点がいいと思います。

 プレジデントファミリーは小中学生のいるご家庭には良い雑誌だと思います。小学生が受験した体験記や家庭での生活が詳細にインタビューされています。また中高一貫校の紹介も豊富で今の世代にマッチしていると思います。
 
  1. 2008/07/02(水) 08:48:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。