ある歯医者のブログ

川崎市中原区新城にあるこいけ歯科医院、院長Dr.Koikeが綴る、よくあるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一昨日、坂東眞理子先生の講演を聞いてきました。

 先週の日曜日、草の根歯科研究会主宰、「女性の品格」の著者、坂東眞理子先生の講演を聞いてきました。講演の内容は「女性の品格」だけではなく、男女共同参画政策の進展からスタートしました。そして品格ある生き方で幕を閉じました。

 坂東先生は学者らしく、きちんと数字をあげて具体的に説明してくださいました。本当におっしゃりたかったことは、この日本の将来をどのようにしたらよい方向にもっていくことができるか、ということだったように私は思いました。

 これは余談ですが、坂東先生は本の印税のほとんどを寄付しているということでした。これはご本人が言ったことではありませんが、私の知人がそっと教えてくれました。「足るを知る」ということを身をもって実践されていると思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/27(火) 09:13:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

本日ソウルから歯科医師の金先生が遊びに来ます。

 本日ソウルから20年来の友人の、歯科医師の金先生が当院に遊びに来ます。金先生は日本で育ち、アメリカンスクールを卒業後はアメリカで4年制の大学(経済学部)を卒業し、韓国に帰り、ソウル大学の歯学部に入学し、卒業後歯科医師となります。その後日本の大学に留学し、矯正学を学びます。このとき私と知り合いました。当時お互い20代です。

 彼は日本でも歯科医師免許を取得し日本で歯科医師をしていたこともあります。日本ではソウル大学の出身者には日本の国家試験の受験資格を与えています。その後韓国の医学部で医学博士取得し、客員教授をするかたわら、ソウルでレモン歯科という歯科医院を開業しています。私も昨年行ってきましたが、清潔できれいな歯科医院です。

 彼が日本の歯科医師免許を取得した理由は、朝鮮半島で有事の際、日本で開業し生活するためでした。外国人はこういった点で危機管理が日本人とは違います。彼と話していていつも思うことは、最良の投資とは、土地でも株でもなく、自分に対する教育であるということです。世界中どこに行っても経済的基盤を立て直せることがステータスだと私は思いますが、皆様いかがでしょうか?

 
  1. 2008/05/24(土) 08:53:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡田弥生先生が本を出しました。

51-nIjVFbOL._SL160_AA115_[1]

 月に一回「草の根歯科研究会」でお世話になっている岡田弥生先生が、一般向けにむし歯予防の本を出しました。ちょっと違った視点から書かれていていい本です。私も一冊、診療室の待合室に置いています。患者様もよくこの本を手に取って読んでいます。
 
 むし歯は本当に小さなものであれば再石灰化を期待し、最初は削らないほうがいいと私も思います。「むし歯は磨けばとまるんだよ~」のタイトルは決してウソではありません。虫歯の速度をゆっくりにする。あるいは停止させることは十分可能です。

 岡田弥生先生は現在杉並の保健所でお仕事をなさっている傍ら、「草の根歯科研究会」を立ち上げ、歯と人権を守るために頑張っています。5月には「女性の品格」を書かれた坂東先生をお招きして講演会を開きます。詳しくは「草の根歯科研究会」のホームページをご覧ください。
  1. 2008/05/08(木) 08:51:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大連大学付属口腔医院を見学してきました。

 5月4日大連大学付属口腔医院を見学してきました。日本風に言うと大連大学歯学部付属病院といったところでしょうか?東京医科歯科大学に留学経験のある中国人の歯科医師が案内してくださいました。また日本人の歯科医師も1人勤務していました。

 よかったところをいくつかあげてみたいと思います。まず患者さんは受付で滅菌された基本セットを買います。この中には使い捨てのミラー、ピンセットなどの必用最小限の機材が入っています。その他の機材も滅菌パックに入っています。感染予防対策は完璧でした。

 カルテはレントゲンを含みすべて患者が管理します。これで自分が何をされているかがわかります。これは北欧に似ていて1人の患者に1つのカルテになります。日本のように各医院で1つ作るのとは違います。どちらがいいかは一長一短ですが、私は1人1つのカルテの方がいいように思います。

 インプラントもドイツ製が50パーセント、スウェーデン製が残り30パーセントで、質の劣った材料は使っていませんでした。つまりインプラント治療を受ける富裕層がある程度いることが予想されます。外国人用のブースがあり30パーセント料金は高いのですが、外国語での対応が可能になっています。

 中国は今後急激な勢いで発展しています。今後は歯科医療も急激な勢いで発展する可能性があります。料理も医療もお金持ちが多いところで発展するように私は思います。以前はおいしい中華料理は香港で食べろと言われたように、いい医療を受けるのなら大連でということになる時代がくるかもしれません。

 
  1. 2008/05/06(火) 20:39:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dr.Koike

Author:Dr.Koike
川崎市の武蔵新城で歯科医院をやっています。皆様のお役に立たない情報を書いていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。